LCCの機内食

本格的なLCCの先駆けとなったLCC会社は、拠点を関西国際空港にして、国際線と国内線を運航しています。
機内食のメニューとしては、国内線、国際線とも共通になっています。
そのため、同じメニューシートが英語サイト、韓国語サイトのいずれでも表示されます。
なお、食事メニューの中でごはん類のみは、国内線の一部の便と国際線の全便のサービスになっており、予約は要りません。

5種類の食事メニューがあり、この中で、ビーフカレーのじっくり煮込んだものと、ビビンバの野菜たっぷりのものは、国内線の一部の便と国際線の全便のサービスになっています。
現在のところビビンバは、LCCにおいてベジタリアンメニューの唯一のもののようです。
季節のお弁当はメインが茶そばのミニ懐石風で、野菜の天ぷらや煮物を合わせたものです。
洋食メニューとしては、イタリアンフォカッチャという新鮮なレタスとトマトを挟んだものと、ハムエッグ & サンドイッチの温かいものがあります。

機内販売の商品としては、遊び心のあるものが並んでいます。
ピーチデニッシュはおやつや軽食におすすめです。
ピーチシャーベットはLCCにおいてアイスデザートの唯一のものです。
お酒にはオレンジとピーチを使用したカクテルやピーチのマッコリ、紅茶にはピーチティーがラインアップしています。
一部のスナックメニューと食事メニューには、コンボメニューがドリンクとセットで準備されており、少し嬉しいお得なサービスです。
本サイトでは、機内食は安くなる、機内食は必要か、機内食は予約すべきか、についてご紹介します。


☆特別外部リンク
スカイマーク航空のチケットを料金を比較しながら予約出来るサイトです⇒ スカイマーク 予約

Copyright © 2014 どうなってるの?LCCの機内食 All Rights Reserved.